土地購入契約の時に気をつけること

希望通り、青葉区に土地が見つかり、購入することになったら業者と契約を交わす必要があります。

その契約時にはいくつかの注意点がありますので、知っておきましょう。

業者と後にトラブルになる可能性があるからです。

【重要事項説明とは】

土地の購入の契約をする際に、不動産会社から必ず土地取引上の重要事項説明が行われます。

どんな内容なのかというと、法令の制限や登記事項、インフラ(水道、ガス、電気)整備の状況、契約の解除条項、手付金に関すること、損害賠償の規定などを重要事項説明書に基づいて説明されます。

購入する側は、「確かに説明を受けました」と署名押印しながら進めます。

重要事項説明書は事前にもらうこともできるので、事前にもらい、目を通しておくと良いでしょう。

【手付金について】

契約の時に「手付金」を売主に一旦預け、売買代金を全額支払う時に売主から返還してもらうものです。

売買代金の一部入金と思っている人は多いですが、本来は違います。

売主から返還する手続きをするのが面倒なので、「手付金は売買代金の一部として充当する」と契約書に書き、そのように処理するのが一般的になっています。

不動産売買では「解約手付」とする契約がほとんどです。

金額は、売買代金の5%~10%が適切とされています。

【その他確認事項】

他に確認することは、隣との境界線の認識に間違いがないか、登記簿に不審な点がないかです。

不動産会社にくどいくらい確認しておくと安心です。

憧れの青葉区の土地を購入したけれど、トラブルになってしまってはいけませんから契約時にしっかり確認すべきところはするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。